薔薇を描く (その1)
皆さんこんにちは^^
今回は「薔薇」です。
僕は花を描く時、咲いている状態をそのまま描くのではなく、
良いなと思う花、アングルを個別にスケッチしたり、写真を
撮ったりして、それを勝手にレイアウトしています。
つまり、薔薇のイイとこ取りです・・。今回は大輪の薔薇を
数輪画面に配置し、描いてゆきます。薔薇の取材場所は
鎌倉の由比ガ浜にある「鎌倉文学館」です。
昨年の10月末に咲いていた形のよい薔薇をデジカメで
パチパチ、ラフスケッチも少々、それを基にの制作です。
f0006171_9493464.jpg
落ち着いた雰囲気のばら苑。鎌倉文学館の薔薇は
大輪が多い。
全画像をクリックしてご覧下さい。拡大画像が表示されます。 

薔薇を描く (その1 塗り始め、塗り重ね) 

下絵を描きます
まず資料(デッサンや現地で撮った写真)を参考にしながら、
画面のどの位置にどの薔薇を配置するかを決めます。
配置がきまったら、2Hの鉛筆を使い力をいれず、淡い線で
花や葉を描いてゆきます。鉛筆で大体描き終わったら、
面相筆(極細の和筆,色は淡い赤茶)で描いています。
筆で線を描いたら、余分な鉛筆線は練りゴムで消します。
f0006171_9522756.jpg
花は鮮やかな色のものが多く、鉛筆だと黒い線がちょっと
邪魔になります。赤茶の絵の具線で描くことによって、
彩色した時の色に自然になじんでくれます。
(紙=アルシュ荒目・425×310㎜)


塗り始めます
やはり花が主役、まず花に陰影をちょっとつけて、イメージを
確かめたいというか、その絵の先行きを早く見たいのです。
何輪かの花や葉に色を塗り、絵の雰囲気をつくります。
f0006171_1259979.jpg



全体に塗りすすめます
全体のバランスに注意しながら葉と花を平行し塗り進めて
いきます。花は光のあたる明るい箇所は塗らないように、
葉は暗い部分を中心に塗ります。
(※花びらの陰影は主にぼかしで描いています。)
f0006171_1259452.jpg



バックをにじみで彩色します。
ここまでくると、やはりバックに色をつけたくなります。
彩色したい箇所を水で濡らし、太めの筆でポンポンと置いて
いきます。時々花にもバックと同じ色を置きます。
f0006171_11555528.jpg

f0006171_11551442.jpg
全体に色がついてきました。でもここからが長い・・・。



次回は花や葉の細部を描き込み、一気に完成させたいと
思います。UPは28日(土)ごろです。 ありがとうございました。  


薔薇を描くその2 完成へ


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
↑ポチッとネ♪
[PR]
by suisai1 | 2009-02-22 10:21 | 水彩技法・描き方

水彩画家 福井良佑がつづる水彩雑記(水彩&スケッチの描き方・楽しみ方/季節の風景・日記) リンクフリーです                             since11・25・2005        
by suisai1
プロフィールを見る
画像一覧
リンク

水彩画 リアルレッスン (自宅で学べる水彩教室) 福井良佑

第1章水彩画を描く前の心得
第2章基本をマスターする
第3章手順のヒント
第4章樹木と水面について
第5章絵づくりを楽しむ
大型本(B5版) 128ページ  2160円




にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
水彩画ブログ集


人気ブログランキングへ


My Gallery(水彩画)
水彩画テラス



水彩画テラスのお店
Suisai Land


f0006171_1025491.gif
【日本透明水彩会】
画像一覧
検索