静物画の描き方1(序盤)
横浜の石川町で開講している特別講座で、静物画を描きました。
静物画はまずモチーフ選びに始まり、各々の質感や色の違い、それによる技法選択と、楽しさが尽きず、飽きのこないジャンルです。今日から授業の実演で描き始めた静物画2点の制作プロセスをご紹介していきたいと思います。下の写真2枚は先日教室で撮影したものです。
f0006171_1813287.jpg
天気の良い日に取ったので、陰影がとても綺麗でした。
f0006171_1813864.jpg


今日から「ワインのある静物」(写真上)と「葡萄のある静」(写真下)の制作プロセスを、ほぼ同時進行でご紹介して行きます。

「ワインのある静物」
サイズ=395×340mm 使用水彩紙=ウォーターフォードホワイト
手順1:鉛筆デッサンと塗り始め 
f0006171_1838271.jpg
鉛筆デッサン:彩色後に鉛筆の線が目立ち過ぎないように細い線で、そして明るい色
を塗る予定の箇所の線は薄く、暗い色を塗る箇所やコントラストの強い部分は比較的
濃い線で描きました。

絵はスキャナーで撮影しましたが、ブログのとの相性でしょうか、少々画像が乱れて見えます。
クリックして拡大画像をご覧になると幾分見やすいと思います。

f0006171_19435499.jpg
光源(太陽光)は左から来ています。
それを意識しながら瓶の影、ラベルの影を大まかに塗ります。

f0006171_19443742.jpg
モチーフの影を塗り一段落、陰影の色は単一にならないよう
微妙な色合いを出すように心がけました。
f0006171_19465055.jpg

ぼかしで背景を彩色します。背景の彩色は本来はにじみで行った方が簡単にできるのですが、ややクッキリの色を配置したかったので、大まかなにじみよりもぼかしを選択しました。
この作品は今日はここまで・・、

続いて2作目「葡萄のある静物」の制作プロセスです。
葡萄のある静物
サイズ=375×345mm 使用水彩紙=ウォーターフォードホワイト 
手順1:鉛筆デッサンと塗り始め 
f0006171_1848235.jpg

f0006171_22122727.jpg
この絵の最大の見せ所、ガラスポットを描きます。ガラス器を描く最大のポイントは(光が反射する)白い部分を絶対に塗り残すことだと思います。そして色の暗い(強い)部分はクッキリとシャープになるように塗るとガラスの質感が出ます。
f0006171_21563017.jpg
葡萄を塗り始めます。最初は大まかな陰影だけを描くに止めておきます。
f0006171_21564422.jpg
ポットの中の紅茶をにじみで描きます。布に写ったホワッとした紅茶の色を見て、直ぐににじみで描こうと思いました。
f0006171_21565563.jpg
右のガラス器の影を描きます。縞模様になっていて実に面白い!絵心をそそります。
f0006171_2157443.jpg

布・果物の陰影を描きます。色の境目(光の当たる明るい分と影の境目)を水をわずかに含ませた筆ゴシゴシとぼかし、立体感や柔らかさを出します。

今日のプロセスはここまでです。次回は近日中にUPします。


プロセス2へ



にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
水彩画ブログ


美しい写真の本

[PR]
by suisai1 | 2009-10-30 21:25 | 水彩技法・描き方

水彩画家 福井良佑がつづる水彩雑記(水彩&スケッチの描き方・楽しみ方/季節の風景・日記) リンクフリーです                             since11・25・2005        
by suisai1
プロフィールを見る
画像一覧
リンク

水彩画 リアルレッスン (自宅で学べる水彩教室) 福井良佑

第1章水彩画を描く前の心得
第2章基本をマスターする
第3章手順のヒント
第4章樹木と水面について
第5章絵づくりを楽しむ
大型本(B5版) 128ページ  2160円




にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
水彩画ブログ集


人気ブログランキングへ


My Gallery(水彩画)
水彩画テラス



水彩画テラスのお店
Suisai Land


f0006171_1025491.gif
【日本透明水彩会】
画像一覧
検索