福井良佑の水彩画 Watercolor Terrace

ブログトップ

特別水彩教室 2016秋冬 第8回

背景を創作して描く
〜モチーフに似合う背景とは〜
(この講座は2016年1月10日に開講しました)

対象物(モチーフ)を上手に描けたのに、最後の背景で失敗した、という経験はありませんか? モチーフに似合う背景、透明水彩らしい背景などを幾つかご紹介しながら、描いていきます。

以下背景を描く時のポイントや注意点です。
1 実物の背景がよほど良くない限り、描写することをお勧めしたくない。
2 背景を描く手順は最初でも後でもどちらでも良いし、並行して描いても良い。
3 季節を大切に(例=春の背景なら淡い色で)


では、講座で使用した作品や参考作品の一部をご紹介します。


早春をイメージした背景
f0006171_16575554.jpg
「めじろ」 
ウエット・オン・ウェットで背景を描く
1 背景に使う色(4色)を溶く。
2  紙全体を水で濡らす。(注意=大きな平筆で充分に濡らし、時間をかけて平坦になめす)
3 色を塗る・置く


f0006171_16582369.jpg
「梅」
ぼかしで背景を描く
(背景は梅花を描く前でも後でもどちらでも良い。私は最初に描きました。)
1 ある色・箇所を塗り、直に色の周りをぼかす。(注意=平筆で、色から4センチ離れた所から水を塗り始める。→色に近づいていき、色に接触した所でゴシゴシとぼかす。)(注意=花の中に背景の色が入るようにする。)
2 1から離れた箇所を塗り、同じようにぼかす。
3 1と2から離れた箇所を塗り、同じようにぼかす。
4 上と同じ要領で他の箇所をの背景を塗る。



叙情的な背景
f0006171_16584749.jpg
「舞妓」
背景に使う色(上段=・中段=・下段)を溶く。
1上段部分を水で濡らす。上段部分に紫系の色を塗る。塩を蒔く。
2中段部分を水で濡らす。中段部分にピンク系の色を塗る。塩を蒔く。
3下段部分を水で濡らす。下段部分に黄緑系の色を塗る。塩を蒔く。
4舞妓を描く(注意=舞妓の色は下地の色と同系の色で描く。例えば帯の丈夫はピンク系、下部は黄緑系で・・。)



和風の背景1 〜塩を使って背景を描く〜
f0006171_165948.jpg
「かんざしと櫛」
1 1色を塗る箇所を水で濡らし、1色を塗る→塩を蒔く
2 1と同じ要領で他の箇所の背景を描く


和風の背景2 〜砂子(金箔・銀箔を蒔くこと)を
蒔いたような模様〜

f0006171_16592083.jpg
「言祝ぎ」


★福井良佑の特別水彩画教室のページへ
[PR]
# by suisai1 | 2017-01-20 17:07 | 水彩技法・描き方 | Comments(0)