<   2017年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
特別水彩教室 2016秋冬 第8回
背景を創作して描く
〜モチーフに似合う背景とは〜
(この講座は2016年1月10日に開講しました)

対象物(モチーフ)を上手に描けたのに、最後の背景で失敗した、という経験はありませんか? モチーフに似合う背景、透明水彩らしい背景などを幾つかご紹介しながら、描いていきます。

以下背景を描く時のポイントや注意点です。
1 実物の背景がよほど良くない限り、描写することをお勧めしたくない。
2 背景を描く手順は最初でも後でもどちらでも良いし、並行して描いても良い。
3 季節を大切に(例=春の背景なら淡い色で)


では、講座で使用した作品や参考作品の一部をご紹介します。


早春をイメージした背景
f0006171_16575554.jpg
「めじろ」 
ウエット・オン・ウェットで背景を描く
1 背景に使う色(4色)を溶く。
2  紙全体を水で濡らす。(注意=大きな平筆で充分に濡らし、時間をかけて平坦になめす)
3 色を塗る・置く


f0006171_16582369.jpg
「梅」
ぼかしで背景を描く
(背景は梅花を描く前でも後でもどちらでも良い。私は最初に描きました。)
1 ある色・箇所を塗り、直に色の周りをぼかす。(注意=平筆で、色から4センチ離れた所から水を塗り始める。→色に近づいていき、色に接触した所でゴシゴシとぼかす。)(注意=花の中に背景の色が入るようにする。)
2 1から離れた箇所を塗り、同じようにぼかす。
3 1と2から離れた箇所を塗り、同じようにぼかす。
4 上と同じ要領で他の箇所をの背景を塗る。



叙情的な背景
f0006171_16584749.jpg
「舞妓」
背景に使う色(上段=・中段=・下段)を溶く。
1上段部分を水で濡らす。上段部分に紫系の色を塗る。塩を蒔く。
2中段部分を水で濡らす。中段部分にピンク系の色を塗る。塩を蒔く。
3下段部分を水で濡らす。下段部分に黄緑系の色を塗る。塩を蒔く。
4舞妓を描く(注意=舞妓の色は下地の色と同系の色で描く。例えば帯の丈夫はピンク系、下部は黄緑系で・・。)



和風の背景1 〜塩を使って背景を描く〜
f0006171_165948.jpg
「かんざしと櫛」
1 1色を塗る箇所を水で濡らし、1色を塗る→塩を蒔く
2 1と同じ要領で他の箇所の背景を描く


和風の背景2 〜砂子(金箔・銀箔を蒔くこと)を
蒔いたような模様〜

f0006171_16592083.jpg
「言祝ぎ」


★福井良佑の特別水彩画教室のページへ
[PR]
by suisai1 | 2017-01-20 17:07 | 水彩技法・描き方 | Comments(0)
謹賀新年2017
新年 明けまして おめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

2017年も皆様にとって幸多い年となりますように。

Hope your happy year 2017

f0006171_14494286.jpg
「言祝ぎ」 水彩画    福井良佑 作

※作品中の和歌は 「古今和歌集 巻二十」から引用しています。
歌の文=「新しき 年のはじめの かくしこそ 千歳をかねて 楽しさをつめ」
[PR]
by suisai1 | 2017-01-01 14:51 | 水彩画 | Comments(0)
  

水彩画家 福井良佑がつづる水彩雑記(水彩&スケッチの描き方・楽しみ方/季節の風景・日記) リンクフリーです                             since11・25・2005        
by suisai1
プロフィールを見る
画像一覧
リンク

水彩画 リアルレッスン (自宅で学べる水彩教室) 福井良佑

第1章水彩画を描く前の心得
第2章基本をマスターする
第3章手順のヒント
第4章樹木と水面について
第5章絵づくりを楽しむ
大型本(B5版) 128ページ  2160円




にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
水彩画ブログ集


人気ブログランキングへ


My Gallery(水彩画)
水彩画テラス



水彩画テラスのお店
Suisai Land


f0006171_1025491.gif
【日本透明水彩会】
検索