タグ:京都 ( 5 ) タグの人気記事
大徳寺・金閣寺・龍安寺・仁和寺
半日で京都の4つの寺を廻ってきました。
京都はとにかく広い。寺院と寺院がかなり離れていて、バスや地下鉄などを駆使しなくてはなりません。また一つの寺院に塔頭がいくつもあり、予定をこなすのがひと苦労です。
午前10時に京都駅に着き、そこからタクシーで大徳寺へ。その後はバスで乗り継ぎ、午後4時に京都駅に戻ってきました。

f0006171_22552170.jpg
f0006171_225529.jpg
f0006171_22434441.jpg

f0006171_2256594.jpg
上写真4点:大徳寺

f0006171_22573416.jpg

f0006171_2258353.jpg

f0006171_22591746.jpg

f0006171_22595064.jpg
上写真4点:金閣寺

f0006171_23151.jpg

f0006171_2321850.jpg
上写真2点:金閣寺境内の湯どうふ屋

f0006171_2334628.jpg

f0006171_2341070.jpg
上写真2点:龍安寺石庭
f0006171_2345578.jpg
龍安寺のつくばい
f0006171_23105437.jpg
龍安寺正門

f0006171_23135518.jpg

f0006171_23142454.jpg
上写真2点:仁和寺庭園
f0006171_23152549.jpg
仁和寺金堂
[PR]
by suisai1 | 2017-05-15 23:16 | 季節の風景 | Comments(0)
万願寺とうがらし・(今週の水彩画)
万願寺とうがらし
万願寺とうがらしとの出会いはいまから3年前、水彩教室の課題モチーフ探しをしていて
スーパーで見つけた時でした。大きさが15センチほどあり、野菜のコーナーでひときは
目を引いていました。そしてこのネーミング、一瞬にして題材に決まりました。

この絵はその時に教室で描いた水彩画です。

f0006171_18564431.jpg
万願寺とうがらし 水彩画  福井良佑 作

以来、水彩の題材としてではなく、ビールのおつまみとして
我が家の食卓に度々登場します。お勧めの簡単な食べ方は、ヘタ<
の部分を切り落とし、4切れぐらいにしたもの(中の種は除きます)
をフライパンに投入、ごま油でサラッと炒め、醤油・みりん
・酒を少々たらして1~2分煮詰めれば出来上がり。
皿に盛り、おかかをかけたり、ゆず味噌を付けたり、お好みの
チョイ足しをして召し上がってください。


【万願寺唐辛子の由来】
大正末期、当時貿易港として栄えていた京都府舞鶴市内、万願寺周辺が発祥の京野菜。
従来から栽培されていた伏見唐辛子とピーマンの一種カリフォルニア・ワンダーが交配して
出来たとされている。
果肉は大きくて分厚く、柔らかく甘味があり、種が少なく食べやすいことが特徴。
外国系とうがらしの血統を持つとされながら、伝統的に生産され続けている野菜として京都府が特に選定
した「京の伝統野菜」に準ずる野菜として指定されている。
[PR]
by suisai1 | 2014-08-19 19:06 | 今週の水彩画 | Comments(0)
緑陰(京都・嵯峨野の竹林)/ 今週の水彩画 
残暑お見舞い申し上げます

緑陰(京都・嵯峨野の竹林)

真っ直ぐに伸びた青竹の下をくぐると、ひんやりとした空気で迎えてくれた。
葉が微風に揺れ、サラサラと心地よい音色を奏でている。

単なる清涼感だけではなく、清新な気に満ちた何かを感じる。
次第に 竹の一本一本が愛おしいく思え、とても温かな気持ちになって来るのが分かる。

思いもよらぬ幸福にめぐり逢えた時のような、感謝とおごりのない心持にさせられる、
この雰囲気の正体は何だろう・・、僕は何とか答えを見つけ出そうとした。
しかし、結局それは叶わなかった。

もう京の花街へ戻ろうと思った。この感覚が消えぬうちに。

f0006171_18215788.jpg
緑陰(京都・嵯峨野の竹林)水彩画  福井良佑 作
[PR]
by suisai1 | 2014-08-10 18:26 | Comments(0)
蝉時雨(京都・祇園)/今週の水彩画
蝉時雨(京都・祇園)
京都・祇園の北側にある巽橋。早朝に出かけこの町の風情を一人静かに楽しみたかった。早い時間にも拘わらず、既に路地は丹念に掃除がされ、打ち水が施されていた。軒先の犬矢来(いぬやらい)が更に涼しさを演出している。橋の袂にある柳は生い茂り、蝉が朝の訪れを告げている。

f0006171_22404573.jpg
蝉時雨(京都・祇園) 水彩画 福井良佑 作
[PR]
by suisai1 | 2014-08-04 22:43 | 今週の水彩画 | Comments(0)
京都2日間の旅
先日友人赤坂孝史さんの京都二条での個展を拝見するついでに祇園や嵐山を見て回りました。
たった2日間であちこちを見て歩いて廻ったので、足が棒のようになりました。でも15年ぶりの京都、
懐かしさと美しさで、疲れを忘れていました。
f0006171_2029819.jpg
祇園 花見小路にある扇子屋
f0006171_20313058.jpg
巽橋
f0006171_2030318.jpg
巽橋付近
f0006171_20331036.jpg
祇園の裏通り、旅館や料亭が立ち並ぶ。
f0006171_2034543.jpg
二年坂から直ぐ、ねねの道。朝の散策にはおすすめです。
f0006171_20391170.jpg
二条城の茶屋で一服。涼しいそよ風・・、至福の時。
f0006171_20343384.jpg
清水寺
f0006171_20384092.jpg
先斗町
f0006171_20375730.jpg
嵐山の古い茶屋
f0006171_20372714.jpg
二年坂から八坂の塔が見える。
f0006171_20365894.jpg
産寧坂

f0006171_1742489.jpg
銀閣寺
[PR]
by suisai1 | 2012-10-07 20:19 | 季節の風景 | Comments(0)
  

水彩画家 福井良佑がつづる水彩雑記(水彩&スケッチの描き方・楽しみ方/季節の風景・日記) リンクフリーです                             since11・25・2005        
by suisai1
プロフィールを見る
画像一覧
リンク

水彩画 リアルレッスン (自宅で学べる水彩教室) 福井良佑

第1章水彩画を描く前の心得
第2章基本をマスターする
第3章手順のヒント
第4章樹木と水面について
第5章絵づくりを楽しむ
大型本(B5版) 128ページ  2160円




にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
水彩画ブログ集


人気ブログランキングへ


My Gallery(水彩画)
水彩画テラス



水彩画テラスのお店
Suisai Land


f0006171_1025491.gif
【日本透明水彩会】
検索