旅立っていった息子
先日の29日、我が息子がアメリカへ向け旅立って行きました。
シアトルの近くにある大学へ留学するためです。

”毎日そばにいた息子の顔が見れなくなる・・”、妻は出発する
何日か前から落ち着かない様子でした。

そして旅立ちの日、僕は仕事で成田へ行くことは出来ず、妻と義母が成田へ。
 
「飛行機があっという間に飛んで行っちゃた」、帰宅した妻はとても寂しそうでした。
そしてその日の夜はとても静かな時間が流れていました。

元気のない妻を励まそうと一言。
寝る前にお酒でも飲もうか?「お祝いだ、これかの人生に・・」。

アメリカの大学は入るのはそれほど難しくないけれど、入ってからが大変、
頑張らない学生は容赦なく振り落とされる。
そんな話を2人でしていたら、 「大丈夫かな~」と、妻。
「大丈夫だよ、1人だと意外と頑張るよ、あいつは・・」、僕が言葉を
吐き出すように言うと、妻の目に涙が ・ ・ 。

「一人息子の新しい人生の始まり、僕らも新しい人生だよ・・」
何度も同じような話をしているうちに、深夜の2時半に。
ようやくその日は眠りに着きました。

翌日、仕事から帰った僕は何気なくパソコンを付けてみました。 

なんと! 息子からのメールです。
隣の部屋にいた妻を呼んで、メールを読んでみると、

「パソコンのインターネットつながったよ こっちは気温11℃、涼しくて過ごしやすいです」

「随分早くパソコンがつながったね~!良かった良かった!」
たったこれだけの内容でしたが、2人とも急に元気が出てきました。


息子にはこれから4年間の試練が待っています。家族3人、今まで経験したこと
のない気持ちを感じながら、大切にしながらの生活の始まりです。
[PR]
by suisai1 | 2010-08-31 11:50 | 今日の一言

水彩画家 福井良佑がつづる水彩雑記(水彩&スケッチの描き方・楽しみ方/季節の風景・日記) リンクフリーです                             since11・25・2005        
by suisai1
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
リンク

水彩画 リアルレッスン (自宅で学べる水彩教室) 福井良佑

第1章水彩画を描く前の心得
第2章基本をマスターする
第3章手順のヒント
第4章樹木と水面について
第5章絵づくりを楽しむ
大型本(B5版) 128ページ  2160円




にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
水彩画ブログ集


人気ブログランキングへ


My Gallery(水彩画)
水彩画テラス



水彩画テラスのお店
Suisai Land


f0006171_1025491.gif
【日本透明水彩会】
画像一覧
検索