早春の鎌倉2
今日の朝は嵐のような雨でした。午後は晴れてきたので、
早速明月院・東慶寺・浄智寺など北鎌倉のお寺などを廻ってきました。

紫陽花で有名な明月院、入り口を入ってすぐ左側に月笑軒という茶室があります、その門です。
f0006171_1891633.jpg

月笑軒の抹茶
f0006171_18105591.jpg

月笑軒の外庭
f0006171_18114492.jpg

月笑軒の水琴窟。 水琴窟とは、竹をつくばいの脇に指してあり、上から滴る水の音が、まるで琴を奏でるかのように、竹の筒を共鳴して耳に届くもの。
f0006171_18141787.jpg
f0006171_18144723.jpg

参道の階段を登っていくと本堂(方丈)がある。丸窓から咲き始めの梅が見える。
f0006171_18152851.jpg

方丈の前の枯山水。早春の佇まいは侘び寂びそのもの。
f0006171_1816511.jpg

月笑軒の窓辺。
f0006171_18174627.jpg

月笑軒を見下ろす。
f0006171_18183620.jpg

東慶寺の梅 
この梅はきれいに咲いていましたが、境内約130本のうちの半分はまだ見ごろを迎えていません。
f0006171_18194355.jpg

浄智寺
f0006171_18211925.jpg

鎌倉 季節の風景
2月6日より Facebookページを始めました。古都鎌倉の魅力をお伝えするサイトです。寺社や自然・花など四季折々の風景や街や行事など情報を随時お届けしていきます。
[PR]
by suisai1 | 2016-02-14 18:21 | 季節の風景

水彩画家 福井良佑がつづる水彩雑記(水彩&スケッチの描き方・楽しみ方/季節の風景・日記) リンクフリーです                             since11・25・2005        
by suisai1
プロフィールを見る
画像一覧
リンク

水彩画 リアルレッスン (自宅で学べる水彩教室) 福井良佑

第1章水彩画を描く前の心得
第2章基本をマスターする
第3章手順のヒント
第4章樹木と水面について
第5章絵づくりを楽しむ
大型本(B5版) 128ページ  2160円




にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
水彩画ブログ集


人気ブログランキングへ


My Gallery(水彩画)
水彩画テラス



水彩画テラスのお店
Suisai Land


f0006171_1025491.gif
【日本透明水彩会】
画像一覧
検索