特別水彩教室 2016秋冬 第4回
透明水彩を簡単に楽しむ 〜実物の野菜・その他の表情を捉えて描く〜
(この講座は2016年10月24日に開講しました)

野菜や自然物を観察していると、とてもユニークで面白い表情を発見できます。それぞれの野菜に応じて異なる描き方をしていきます。(できるだけシンプルな行程で描きました)


f0006171_1504722.jpg
上(柚子)=ぼかしで陰影をつける→乾いてから柚子の黄色を塗る
中(クワイ)・下(ブラウン マッシュルーム)=にじみで全体に色をつける→細部を描く



f0006171_152466.jpg
ピーマン・唐辛子=艶部分のハイライトを塗り残しながら着彩→乾かないうちに様々な色を置きにじませる。



f0006171_1515460.jpg
落花生=まず全体に大まかな濃淡をつけて立体感を表現→細部を描く。
松茸=まず滲みで全体に大まかな濃淡をつけて立体感を表現→細部を描く。(必要に応じてぼかす)
むらさき芋=やや淡い紫系の色で全体を塗る。→乾かないうちに濃い色・淡い色・異なる色を置く。




f0006171_1543991.jpg
茄子=茄子の左側にぼかしで陰影をつける。(注意)ぼかす時に右側の輪郭まで水を塗る)/水が乾かないうちに右側下に黄色系の色をにじませる。
→全体に紫系の色をたっぷり塗り(左側暗くしながら・・)/乾かないうちに淡い紫を置きにじませる(するとカリフラワーという模様ができる)
アケビ=まず淡い紫系の色を塗り、乾かないうちに濃い色を置きにじませる。→乾いてから柔らかい筆で全体に色味をつける。




f0006171_1512145.jpg

辛み大根=果肉全体に水を塗り、乾かないうちに色を塗り滲ませる→乾いてからからもう一度同じ作業をして深い色にする。/細部を描く。
親里芋=滲みで全体に色をつける。→細部を描く



f0006171_155980.jpg

ズッキーニ=淡い緑系の色で全体を塗る/乾かないうちに両端に濃い色(陰影)を置き滲ませる。→乾いてから柔らかい筆で黄色を全体に塗る/乾かないうちに濃い緑系の色で再び陰影や模様をつけ滲ませる/乾いてから細部を描く。



★福井良佑の特別水彩画教室のページへ
[PR]
by suisai1 | 2016-12-02 16:11 | 水彩技法・描き方

水彩画家 福井良佑がつづる水彩雑記(水彩&スケッチの描き方・楽しみ方/季節の風景・日記) リンクフリーです                             since11・25・2005        
by suisai1
プロフィールを見る
画像一覧
リンク

水彩画 リアルレッスン (自宅で学べる水彩教室) 福井良佑

第1章水彩画を描く前の心得
第2章基本をマスターする
第3章手順のヒント
第4章樹木と水面について
第5章絵づくりを楽しむ
大型本(B5版) 128ページ  2160円




にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
水彩画ブログ集


人気ブログランキングへ


My Gallery(水彩画)
水彩画テラス



水彩画テラスのお店
Suisai Land


f0006171_1025491.gif
【日本透明水彩会】
画像一覧
検索